交通事故と後遺障害 【二・5】後遺障害慰謝料について

交通事故事件について

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2021/06/CW_6460011-01-300x300.jpg

こんにちは。弁護士法人アズバーズの所属弁護士、菊川です。本日は後遺障害慰謝料についてお話します。

1    本稿の趣旨

・後遺障害慰謝料は後遺障害の等級に応じて自賠責から一定額が支払われる。
・裁判基準との差額も請求できるが,そのためには弁護士を介入させるのがベター。

後遺障害慰謝料とは,後遺障害を負わされたことそのものに対する慰謝料です。
後遺障害はその症状に応じて1~14級までがありますが,その等級に応じて設定されています。

たとえば,画像所見のないむち打ち症による神経障害の場合は14級に該当し,自賠責保険からは75万円が,相手方に対しては追加で35万円程度を請求できます。
顔面に3cm以上の線状痕が残った場合は12級に該当し,自賠責からは224万円,相手方に対して追加で66万円程度を請求できます。

この追加分ですが,これは,後遺障害慰謝料の場合でも自賠責基準と裁判基準が存在しており,差額については相手方に請求できることによります。

弁護士が介入していない場合,相手方保険会社は自賠責から支払われる分のみで後遺障害慰謝料を支払ったことにしてしまうことがあります。
総額からすると必ずしも大きい額ではないですが,適正な賠償を得られるのであればそれに越したことはないでしょうから,この場面でも弁護士を介入させることのメリットがあると言えます。

次の記事「交通事故と後遺障害【二・6】」へ

前の記事「交通事故と後遺障害【二・4】」へ

幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

人気記事




菊川 一将

菊川 一将

「弁護士法人アズバーズ」青梅事務所所長弁護士。 小・中・高校の10年間、バスケットボール一筋。2017年に弁護士法人アズバーズに入所。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 【弁護士が解説】不倫中の夫に慰謝料を請求したい。LINEやメールの履歴は不倫の証拠になる?

  2. 『送り付け商法』をされたら処分しよう!【特定商取引法改正について弁護士が解説】

  3. 【弁護士が争族を解説】親の貯金を使い込んでいた! 成年後見人選任等の相続に向けた対応策

TOP