YouTubeと著作権 漫画等の引用の書き方【弁護士が解説】

法律時事問題を考察

私も最近はユーチューバーのようなことをやっていますが、近ごろ私的にユーチューバーをする人も増え、著作権等の問題を気にする方も多いのではないでしょうか。
漫画等を使う際、絵をそのまま使って良いのかどうか、考えてしまうと思います。

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

本記事では,他の著作物を使う方法「引用」の書き方等について、学校法人中央大学の法実務カウンセル(インハウスロイヤー)として知的財産問題を含む法務全般を担当している、新宿・青梅・三郷の弁護士法人アズバーズ、代表弁護士 櫻井俊宏が解説します。

↓箱根駅伝の予想動画です

  • YouTubeに漫画やアニメ等の他の画像をアップする場合の著作権
  • 侵害とならない方法「引用」について
  • 画像にアレンジを加えることは侵害となるか

等について、注意する点をお話します。

1 YouTubeに漫画等のアップをする場合の著作権

漫画等の画像をそのままアップする場合は、当然、著作権侵害となります。
画像そのままのコピーペーストは、著作権法上、複製権(著作権法21条)侵害といいます。

しかし、「著作権制限」といって、他人の著作物を利用しても著作権侵害とならない場合があります。
著作権者の著作権の行使を制限する、という意味です。

例えば、典型的なものとして以下の場合が該当します。

  • 2、3人程度で勉強会を行う際に本のコピーを配布しても侵害とはならないという「私的使用」(著作権法30条)
  • 大学等の講義で本のコピーをオンライン上で映しても侵害とならないという著作権法35条

そして、その著作権制限の中でも圧倒的に利用価値が高いものとして「引用」(著作権法32条)があります。
これはYouTubeでも利用しやすいです。

2 侵害とならない著作権制限「引用」について

「引用」とは、正に引用していることを示す方法で、簡単に言うと

①利用した他人の画像が自分の作品の中でほんの一部に過ぎず(主従関係)
②自分の作品の中で、どの部分が他から引っ張ってきたものか枠線等で明確にわかるようになっていれば(明瞭区別性)

出典を明らかにすることによって他人の画像を使っても「引用」が成立し、著作権侵害が成立しません。

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

更に出典は記載する必要があります。
【〇〇〇より引用】という感じです。

特に重要なのは①明瞭区別性と②主従関係です。

3 明瞭区別性とは?

引用の要件の一つである「明瞭区別性」とは、その引用する部分だけ他から引っ張ってきた部分であるということがわかるようになっているか、ということです。
引用する部分だけ枠線等で囲って,明瞭区別性を表現します。

下記の画像のうち,上のように枠線があれば明瞭区別性があるとなり,下のように,他の部分との境界がわかりにくい場合は,明瞭区別性がないということになりえます。

明瞭区別性あり
明瞭区別性なし

4 主従関係とは?

「主従関係」とは,引用してきた部分が,あくまで自分が書いているものの中でほんの一部であるということになっているかどうかということです。
引用する部分が,下記の画像の上のもののような分量であれば,主従関係はあると判断されやすいです。
しかし,下の画像のように,2分の1ぐらいの分量が引用であると,明らかに「従」に過ぎないとは言えないです。
全体の内容等も合わせて判断することになりますが,通常,3分の1ぐらいでも怪しいと思われます。


主従関係ありとなりやすい場合

主従関係なしとなる場合

よく見ると、各ユーチューバーは、YouTube動画内で、「引用」をしっかり利用しています。
書籍もしかりです。

注意して見てみましょう。
そして自分でも使ってみましょう。

5 画像にアレンジを加える場合は著作権侵害となるか

なお、画像そのままでなく、ちょっとアレンジを加えたパクリやパロディも、元の作品が想起されるようなレベルのものであれば、翻案権(著作権27条)侵害と言い、著作権侵害となります。

また、著作権を持っているものに限らず、もともとの創作者にも、「翻案権」と同様に「同一性保持権」(著作権法20条)という権利があり、アレンジに対して侵害を主張することができます。

下記の記事では漫画やアニメの「キャラクター」のパクリについて、著作権法違反となるかどうか、言及しております。

まとめ

収益を得ていない私的なYouTubeアカウントにおいて他の作品を趣味で載せる場合、
元の作品が全くの無名なものである場合、
等で、著作者が「法的手続に訴える!」等と何か言ってくる可能性は低いとは思いますが、気をつけるに越したことはありません。

そのような場合で、相手方が何か言ってきた場合には、まずはすぐに言うことを聞いて、削除しましょう。

私もYouTubeにおいて,中央大学のことやラーメンのこと等,下記のアカウントでアップしております。
よろしければご覧ください。

↓私の作成した統計学を用いた箱根駅伝予想のYouTubeです。

 

中央大学・ラーメンに関するYouTube

幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

人気記事




櫻井 俊宏

櫻井 俊宏

「弁護士法人アズバーズ」新宿事務所・青梅事務所の代表弁護士。 中央大学の法務実務カウンセルに就任し7年目を迎える。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 司法試験の直前期の過ごし方等秘訣をお話します【体育会系弁護士が解説】

  2. 大学入学についての法律問題 通信教育部は誰でも入れるの?【弁護士が解説】

  3. コロナ離婚は「和解」で素早く解決することをオススメします

TOP