交通事故でのご相談

交通事故

交通事故に遭遇したらまずは弁護士

交通事故にあって保険会社から示談の提案を受けたとき、「これぐらいの金額しかもらえないのか。」と思われませんでしたか。
交通事故事件においては、損害保険会社も営利企業であるので、実は、被害者に対して、できるだけ賠償額を抑えた損害保険会社基準の示談提案をしてきています。被害者の方は、交渉の仕方を知らないので、不満な賠償額であっても泣く泣く受け入れるケースがほとんどです。
しかし、交通事故における賠償額の裁判基準は、これまでの裁判等の積み重ねにより明確に決まっています。弁護士が依頼を受けて、この基準を弁護士が提案すれば、もちろん保険会社基準でなく裁判基準の賠償額が正しいので、損害保険会社は自分達独自の基準を早々に引っ込めて、裁判基準に近い金額ですぐに和解に応じてきます。

よくあるご質問

Q.弁護士費用特約を使えますか。
もちろんです。当事務所は弁護士費用特約を利用した事案をこれまでに多数取り扱っております。
弁護士費用特約とは、自分の保険会社が、弁護士に依頼する費用を300万円以下であれば全て負担してくれる特約を言います。これを利用しても保険料が高くなるようなことはありません。
実際交通事故にあって、弁護士に弁護士費用特約のことを聞いて調べてもらうと、自分でも知らなかったけど実は弁護士費用特約をつけていた、等というケースは頻繁にあります。
Q.後遺障害認定をしてもらえますか。
交通事故の事件は、後遺障害といって、痛みやしびれ等の身体の異常が残る場合に、大きく賠償金が増額されます。それには、1~14級の後遺障害等級を認定してもらう必要があります。
当事務所は、解決案件150件以上の経験を生かして、できるだけ請求額が大きくなる等級を得ることに全力を尽くします。当事務所では後遺障害認定をしてもらうため、被害者の方と病院に同行しております。手続も当方で行います。
このような後遺障害が得られそうな案件においては、弁護士の初期費用を0円又はこれに近づけてご依頼を受けることも可能です。
まずはご相談ください。
Q.東京都外在住ですが依頼できますか。
もちろんです。埼玉・千葉・神奈川など東京近傍県はもちろん,事案によっては大阪,九州や東北地方での交通事故もお受けしております。
また,当事務所は新宿と青梅市にそれぞれ事務所がありますので,お住まいによってお越しいただきたい事務所でお話をお伺いすることができます。

報酬について

保険会社との交渉・後遺障害認定申請
着手金
10万円~(外税。ただし無料の場合あり)
報 酬
原則として回収額の16%(300万円以上の場合は弁護士報酬基準による)
訴訟
着手金
10万円~(外税。ただし交渉からの継続の場合は費用をいただかないこともあります。)
報 酬
原則として回収額の16%(300万円以上の場合は弁護士報酬基準による)
弁護士費用特約がある場合には,保険会社が負担してくれるので,弁護士費用,その他諸費用等一切負担する必要がありません。

離婚・男女問題のお悩み悩み相談室 アズバーズ