代表弁護士櫻井俊宏が弁護士ドットコムの記事で【Yahoo!ニュース】に掲載

中央大学内の法務全般を担当するインハウスロイヤー「法実務カウンセル」も兼務しております、弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏です。

このたび、弁護士とクライアント様を繋ぐツール、弁護士ドットコムの取材を受け、そのコラムが【Yahoo!ニュース】に掲載されました。
「マジメで愚直であれ」中央大学応援団で「精神鍛えた」櫻井俊宏弁護士の熱いエール

 

素のままの私が出ている文章で、なかなか好評をいただいております。

中央大学の法務全般を担当している中央大学「法実務カウンセル」(インハウスロイヤー)であり、
新宿・青梅・三郷の「弁護士法人アズバーズ」代表、
弁護士の櫻井俊宏が執筆しております。


・弁護士になろうと思った経緯、
・応援団を中心とした大学での生活、
・青梅・三郷事務所を作った経緯、
・思い出に残る事件、
・これからの目標、


等についてお話しました。

 

弁護士になろうと思った経緯や、大学での生活については、中央大学に対するなみなみならぬ思いをお話しております。
確固として弁護士になろうと思ったのは、「法の中央」に行ったからであると言っても過言ではありません。
中央大学は司法試験に力を入れているので、研究団体や優秀な教育者等、とても揃っています。

次に、青梅・三郷事務所を作った経緯「パイロットファームプロジェクト」についてお話しています。
郊外の方のお力になることを考えて、郊外進出をしました。
結果的には、多くのお客様に御来所いただくようになり、大成功でした!

このパイロットファームプロジェクトについては、noteの方でより詳しくお話しておりますので、興味を持った方はご覧ください。
櫻井俊宏のnote

 

思い出に残った事件では、未払を続けている弁護士自体を相手にした件についてお話しております。
相手の弁護士の不遜な態度に反発を覚えて以来、弁護士は誠実でなければならないという思いを忘れずに持っております。
弁護士と闘った件 より詳しくはこちらの記事へ

これ以外にも、着手金30万円をもらっただけで何も仕事をやらない弁護士等、いろいろ弁護士を当事者として闘ったことがあります。

 

この記事の内容に負けぬよう、今後も、より一層自己研鑽を怠らず、誠心誠意業務に取り組んでいきたいと思います。
皆様、宜しくお願いします。
「マジメで愚直であれ」中央大学応援団で「精神鍛えた」櫻井俊宏弁護士の熱いエール

 

なお、弁護士ドットコムのページに、別のインタビュー記事が掲載されております。
弁護士列伝の記事【改訂版】

仕事の中で嬉しかったこと、大変なこと、といった実際の業務の心情に加え、
休日の過ごし方、今後の弁護士業界の動向、今後のビジョン等、
いろいろなことについてお話したので、こちらもごらんいただければ幸いです。