月刊「企業実務」にながら運転等の道交法改正について寄稿しました!

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

押忍,困った企業の皆様の応援団,学校法人中央大学では法人内の法務全般を担当する法実務カウンセル,弁護士の櫻井俊宏です。

このたび,日本実業出版社からご依頼をいただき,毎月発行されている雑誌「企業実務」2020年4月号において,ながら運転等の道交法改正についての記事を執筆させていただきました。

ながら運転全般について,2~3倍ぐらい罰則が重くなったこと,2秒ぐらいカーナビを見るだけでも罰せられる可能性があること,なぜか本を見ながらの運転は重く罰せられていないこと等についてお話させていただいております。

今年は,学校法務全般に関する共著,社会の法律問題に関する啓発的な本等,今後執筆予定があるので,そのいい練習にもなりました。

日本実業出版社様,お声かけいただき有難うございました!

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

交通事故で怪我をした場合には,500件以上の実績,弁護士法人アズバーズに気軽にご連絡をください。
電話問い合わせは無料,初期費用0円プランも用意しております。

また,中央大学全般の法務を担当している法実務カウンセルである弁護士櫻井俊宏は,企業の法律顧問も多く務めております。
顧問弁護士を求めている企業様もお問い合わせいただければ幸いです。

 

幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

櫻井 俊宏

櫻井 俊宏

「弁護士法人アズバーズ」新宿事務所・青梅事務所の代表弁護士。 中央大学の法務実務カウンセルに就任し7年目を迎える。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 不動産(土地・建物)の相続放棄とそのデメリット 財産管理人【弁護士が解説】

  2. 「親権・監護権」という名前はどうなの?親子関係に関する規律の見直し【家族法改正について弁護士が解説第2回】

  3. 子どものいない夫婦の相続問題【遺言、遺言執行者、配偶者居住権などを弁護士が解説】




TOP