YouTubeにおける替え歌(アレンジ曲)の著作権【弁護士が解説】

中央大学の法務全般を担当している中央大学「法実務カウンセル」(インハウスロイヤー)であり、
新宿・青梅・三郷の「弁護士法人アズバーズ」代表、
弁護士の櫻井俊宏が執筆しております。

知的財産法の問題については、大学内の論文の著作権や、大学のロゴ等の問題を解決してきており、良く手掛けております。

私もYouTubeもやっているのですが、YouTubeはなぜ音楽等をそのまま載せても著作権の問題が起きないか、不思議だと思われる方も多いと思います。

箱根駅伝の予想動画です!

この記事では、


・YouTubeに音楽を含んだ動画をアップする場合、
・JASRACについて、
・アレンジした音楽をYouTubeにアップする場合、


ということについて、ご説明したいと思います。

 

1 YouTubeに音楽を含んだ動画をアップする場合の著作権 JASRACの取り扱い

音楽の著作権は、ご存じのようにJASRAC(一般社団法人日本著作権協会)という団体が一括して管理しています。
管理している作品は、JASRACのページで検索できます。
JASRAC検索ページ

これを検索すれば、使おうとしている曲についてお金を支払ったりする必要があるかどうかがわかります。

漫画とかで良く見ると思いますが、例えば漫画内で歌の歌詞を載せるときは、お金を支払って、JASRACに許諾を得ていることを記載して載せるのです。
1曲につき,せいぜい数千円ぐらいのようです。
JASRAC 料金規程

このJASRACですが,YouTube,つまりこれを取り扱っているGoogle社(なお,今アメリカでGoogleを取り扱っている会社は「アルファベット」という名前になっております。)との間では、全面的に音楽を自由に使っていいという提携契約を結んでいるようです。

ただし,市販のCD等をそのまま使うのはだめで,自分で歌唱,演奏等をしたものに限られるようです。

また,アカウント所持者が収益化によりYouTubeで人気を博すると収益を得られるようになっている場合は,その著作権を持っている会社に収益が流れるようになっているようです。

(なお、この収益化、1000人以上のチャンネル登録者がいて、年間4000時間以上見られていないとできません。特にチャンネル登録者1000人というのはなかなか厳しい要件ですね。)

 

2 アレンジした音楽をYouTubeで使用する場合の著作権 同一性保持権

音楽がフリーに使えることからすると,アレンジ曲についてもそのままアップして大丈夫なように思えます。

しかし,著作権そのものではない権利で,「同一性保持権」(著作権法20条1項)という権利があります。
「自分のせっかく作った著作物を自分が好まないようにアレンジして世に出してほしくない」という製作者の気持ちを保護する権利です。

この同一性保持権は,そのような気持ちを保護する存在理由から,その人独自のものであり「著作者人格権」といって、著作者自身だけが持つ権利です。
著作権そのものと違い,基本的に誰か他の第三者に譲渡することはできません。

このことから,YouTubeで原曲そのものを使うことは良いのですが、替え歌等アレンジを加える場合は、本来の著作者が有する同一性保持権を侵害する結果となってしまいます。

そこで,アレンジ曲をアップするときは、原曲のアレンジではない独自の著作物と言えるかどうか、注意が必要と言えるでしょう。
もちろん、歌詞のみならず、リズムのアレンジも問題となるので注意しましょう。

もっとも、著作者人格権である同一性保持権は、そのような著作者自身の権利であるので、著作者が亡くなっている曲については、同一性保持権の問題はなくなるということになります。
本来の著作権が相続できるのとは違うということです(なお、本来の著作権も著作者が亡くなって70年経つと消滅します。)。

 

3 まとめ

以上のように、YouTubeにおいては、音楽をそのまま使うのは認められているのですが、音楽をアレンジするときには、少し気をつける必要があります。

とは言え、元の曲がよっぽど有名で、アレンジの内容がひどくて原曲の持ち主をよっぽど傷つけるようなものでない限り、いちいち法的手続をとったりするものではないでしょう。

とりあえず、著作権等の知的財産に関するクレームがあった場合は、誠意を持って迅速に対応すれば良いでしょう。

 

幻冬舎ゴールドオンライン 弁護士櫻井俊宏の身近な法律トラブル防止に関する連載 全13回