YouTubeと著作権 漫画の引用は?替え歌等のアレンジ曲は?

学校法人中央大学の知的財産問題を含む法務全般を担当している,新宿・青梅・三郷の弁護士法人アズバーズ、代表弁護士の櫻井俊宏です。
最近は私的にユーチューバーをする人も増え、著作権等の問題を気にする方も多いのではないでしょうか。

YouTubeの動画アップにおいて、


YouTubeに漫画やアニメ等他の画像をアップする場合の著作権、
YouTubeに音楽を含んだ動画をアップする場合の著作権、
アレンジ曲を含んだ動画をアップする場合の著作権、


等について、注意する点をお話します。

 

1 YouTubeに漫画等の画像をアップする場合の著作権

漫画等の画像をそのままアップする場合は、当然、著作権侵害となります。
画像そのままのコピーペーストは複製権(著作権法21条)侵害といいます。

しかし、「著作権制限」といって、他人の著作権を利用しても著作権侵害とならない場合があります。
著作権の行使を制限する、という意味です。

その典型として「引用」(著作権法32条)があります。
これはYouTubeでも利用しやすいです。

簡単に言うと、
①利用した他人の画像が自分の作品の中でほんの一部に過ぎず(主従関係)、
②自分の作品の中で、どの部分が他から引っ張ってきたものか枠線等で明確にわかるようになっていれば(明瞭区別性)、
出展を明らかにすることによって、他人の画像を使っても「引用」が成立し、著作権侵害が成立しません。

下記動画で引用の仕方について詳しく解説しております。
著作権制限と引用 YouTubeでどのように引用すれば良いか

よく見ると、各ユーチューバーは、YouTube動画内で、「引用」をしっかり利用しています。
書籍もしかりです。

注意して見てみましょう。
そして自分でも使ってみましょう。

なお、画像そのままでなく、ちょっとアレンジを加えたパクリも、元の作品が想起されるようなレベルのものであれば、翻案権(著作権27条)侵害と言い、著作権侵害となります。
下記の記事ではキャラクターのパクリについて言及しております。
【関連動画】呪術廻戦の芸術的オマージュ ハンターハンターのパクリ!?

 

2 YouTubeに音楽を含んだ動画をアップする場合 JASRACの取り扱い

音楽の著作権は、ご存じのようにJASRAC(一般社団法人日本著作権協会)という団体が一括して管理しています。
管理している作品は、JASRACのページで検索できます。
JASRAC検索ページ

漫画とかで良く見ると思いますが、例えば漫画内で歌の歌詞を載せるときは、お金を支払って、JASRACに許諾を得ていることを記載して載せるのです。
1曲につき,せいぜい数千円ぐらいのようです。
JASRAC 料金規程

このJASRACですが,YouTube,つまりこれを取り扱っているGoogle社(なお,今アメリカでGoogleを取り扱っている会社は「アルファベット」という名前になっております。)との間で、全面的に音楽を自由に使っていいという提携契約を結んでいるようです。

ただし,アカウント所持者が収益化によりYouTubeで収益を得られるようになっている場合は,その著作権を持っている会社に収益が流れるようになっているようです。

 

3 YouTubeで音楽をアレンジする場合

音楽がフリーに使えることからすると,アレンジ曲についてもそのままアップして大丈夫なように思えます。

しかし,著作権そのものではない権利で,「同一性保持権」(著作権法20条1項)という権利があります。
「自分のせっかく作った著作物を自分が好まないようにアレンジして世に出してほしくない」という製作者の気持ちを保護する権利です。

この同一性保持権はそのような存在理由から「著作者人格権」といって、著作者自身だけが持つ権利であり、著作権そのものと違い,基本的に誰かに譲渡することはできません。

このことから,YouTubeで原曲そのものを使うことは良いのですが、替え歌等アレンジを加える場合は、本来の著作者が有する同一性保持権を侵害する結果となってしまいます。

そこで,アレンジ曲をアップするときは、原曲のアレンジではない独自の著作物と言えるかどうか、注意が必要と言えるでしょう。
もちろん、歌詞のみならず、リズムのアレンジも問題となるので注意しましょう。

もっとも、著作者人格権である同一性保持権は、そのような著作者自身の権利であるので、著作者が亡くなっている曲については、同一性保持権の問題はなくなるということになります。
本来の著作権が相続できるのとは違うということです(なお、本来の著作権も著作者が亡くなって70年経つと消滅します。)。

 

4 まとめ

収益を得ていない私的なYouTubeアカウントにおいて他の作品を趣味で載せる場合、
元の作品が全くの無名なものである場合、
等で、著作者が「法的手続に訴える!」等と何か言ってくる可能性は低いとは思いますが、気をつけるに越したことはありません。

そのような場合で、相手方が何か言ってきた場合には、まずはすぐに言うことを聞いて、削除しましょう。

私もYouTubeにおいて,中央大学のことやラーメンのこと等,下記のアカウントでアップしております。
よろしければご覧ください。
櫻井俊宏の中央大学、ラーメン等に関するyou tube

 

【人気記事】
リヴァイ兵長死亡はあるのか!?進撃の巨人
調査嘱託による預金等の開示請求【離婚の財産隠しに対抗】
呪術廻戦の芸術的オマージュ2 ナルトのパロディ!?

弁護士法人アズバーズのホームページ

 

弁護士 櫻井俊宏
幻冬舎GOLD ONLINEの連載記事
「わたしの弁護史」の櫻井俊宏の記事
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter

 

前の記事「中央大学(20)吉居大和君、森凪也君、ダブルエース再来!?