【相続問題】東京の弁護士に依頼する場合

相続問題について
https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

相続問題をこれまでに110件以上解決している,新宿・青梅・あきる野の弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

東京にお住まいの方が相続問題に対処する場合,弁護士を頼むときにどうすれば良いでしょうか。

実は東京には弁護士が一極集中しております。
東京の弁護士は,郊外や地方に比べて非常に人数が多く,添付の資料のように,実に全国約41000人中24000人以上が東京の弁護士です。
資料はこちら

その東京の弁護士の中から誰に依頼するかということを考えるのは難しいことです。

表にもあるように,東京には東京弁護士会,第一東京弁護士会,第二東京弁護士会の3つの弁護士会があります。
これについて私は第二東京弁護士会ですが,よく「東京のどの弁護士会ですか?」と聞かれます。

しかし,この3つにはほとんど違いはありません。
強いてあげるのであれば,第一東京弁護士会は企業系の事件を扱う人が比較的多く,第二東京弁護士会は刑事事件に熱心な人が多いというぐらいです。

https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

このことから,どの弁護士会というよりは,相続に関する事件の経験が多いか,自分の話をくみとってくれる弁護士かどうか,近いところの弁護士かどうか等で選ぶのが良いでしょう。

ホームページを見て,文章の内容がしっくりくるか等は重要だと思います。
また,問い合わせが無料であれば,実際に電話して,話しやすいかどうか判断してみると良いでしょう。
弁護士法人アズバーズでは無料問い合わせを行っております。

無料問い合わせ等について

東京在住の方なら,東京の弁護士に頼むのが良いと思われます。
相続の問題は長期間に渡ることが多いので,他県の弁護士だと,交通費等の経費が過大にかかってしまうことが考えられるからです。
実際に乗った電車や航空機等の交通実費の他,日当で1回に3~5万円かかります。

このことから,できるだけ近いところの弁護士に相談されるのが良いでしょう。

 
幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

人気記事




ホームページはこちら

 

前の記事「相続の各問題における弁護士費用の目安」へ

次の記事「コロナで漫画を読み進める」へ

櫻井 俊宏

櫻井 俊宏

「弁護士法人アズバーズ」新宿事務所・青梅事務所の代表弁護士。 中央大学の法務実務カウンセルに就任し7年目を迎える。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 【弁護士が解説】不倫中の夫に慰謝料を請求したい。LINEやメールの履歴は不倫の証拠になる?

  2. 『送り付け商法』をされたら処分しよう!【特定商取引法改正について弁護士が解説】

  3. 【弁護士が争族を解説】親の貯金を使い込んでいた! 成年後見人選任等の相続に向けた対応策

TOP