借金はどのように財産分与されるのか?【弁護士が解説する離婚問題】

離婚・男女問題事件
https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2020/09/CW_6152793-01-460x460.jpg

こんにちは。新宿・青梅・三郷の法律事務所,弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

離婚に伴う財産分与において,一方又は双方に借金がある場合があります。

そのようなマイナスの財産はどのように扱われるのか,2分の1ルールが適用されて半分ずつ分けられるのか,解説します。

1 借金の財産分与の原則

基本的には,借金については財産分与されないと考えることになります。

これは異論もあるところですが,多数説はこのように考えられています。

特に,プラスの財産がないような場合は,例えば消費者金融から500万円の借り入れがあれば,この500万円は借金をしているものの借金ということになります。

2 借金について財産分与で考慮される場合

住宅ローンや自動車ローンについては,その住宅や自動車というプラスの資産を生み出すための借金であるので,そのプラスの資産から引いて計算されるべきです。

生活費のための借金や子供の教育資金等のための借金等も,家計を維持するための借金として,プラスの財産から引いて計算するのが通常です。

家の財産分与はどのように処理されるのか【弁護士が解説する離婚問題】

3 特にマイナスの借金が考慮されない場合

一方が自分の浪費やギャンブル等で作ってしまった債務は,財産分与において考慮されません。

しかし,訴訟等の場合には,相手方に浪費やギャンブルがあったことを証拠をもって立証する必要があるので,注意が必要です。

また,結婚して同居する前の債務はもちろん半分ずつとはなりません。
その者の特有の債務だからです。

4 負担割合は2分の1か

債務を財産分与で分け合う場合,プラスの財産の寄与度と同様,原則としては特別の事情がない限り平等に2分の1ずつ分けることになります(東京地方裁判所平成11年9月3日裁判例)。

財産分与の割合は必ず2分の1なの?【弁護士が解説する離婚問題】

この結論には異論もあるようです。

5 まとめ

財産分与を行う場合においては,プラスもマイナスも全ての財産をあらかじめ考慮に入れて対策を立てる必要があります。
下記の記事では,財産分与を有利に進める方法を記載しております。

財産隠し等を防いで財産分与を有利に進める方法【弁護士が解説】

【関連記事】
離婚調停において気をつけるこの記事

幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

人気記事




櫻井 俊宏

櫻井 俊宏

「弁護士法人アズバーズ」新宿事務所・青梅事務所の代表弁護士。 中央大学の法務実務カウンセルに就任し7年目を迎える。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 【弁護士が解説】不倫中の夫に慰謝料を請求したい。LINEやメールの履歴は不倫の証拠になる?

  2. 『送り付け商法』をされたら処分しよう!【特定商取引法改正について弁護士が解説】

  3. 【弁護士が争族を解説】親の貯金を使い込んでいた! 成年後見人選任等の相続に向けた対応策

TOP