交通事故と後遺障害 【補論・1】後遺障害診断書の重要性と医師の選択

交通事故事件について
https://as-birds.com/media/wp-content/uploads/2021/06/CW_6460011-01-300x300.jpg

こんにちは。弁護士法人アズバーズの所属弁護士、菊川です。本日は後遺障害診断書の重要性と医師の選択についてお話します。

【本稿の趣旨】

・後遺障害診断書は、後遺障害認定申請で最も重要な書類。
・医師選びに際しては種々の要素を考慮し、安心できる医師を選択すること。

後遺障害診断書とは、症状固定時に被害者に症状が残存している場合、その症状を記載し、これに対する所見等を医師が判断・説明する書類で、後遺障害認定申請において一番重要な書類です。

これがきちんと作成されているか否かは、後遺障害認定申請の結果をまさしく左右します。
自賠責の後遺障害認定申請手続きは、書面のみの審査であり、症状を具体的に説明できる後遺障害診断書は、被害者の症状を説明する最新かつ最終の資料であるとともに、医療の専門家である医師の最終判断が記載された書面ですから、後遺障害の判断にあたって一番参照されるのです。

しかし、医師(整形外科医)であるにも関わらず、後遺障害診断書の書き方を知らないとか、後遺障害診断書がなんたるかを理解しておらず、記載すべき内容を知らない医師も、残念ながら一定程度存在します。
また、被害者の痛みの訴えを無視し、保険会社に言われるがままに診断したり、診断書の記載ミスを認めず、訂正をお願いした被害者を逆に罵倒するような、ある意味医師失格と言うべきものも存在します(実際にあたったことがあります)。

さらに、医師は重い責任を負うべき立場にあるから理解できなくもないですが、多くの医師は自分のミスを認めたがらず、ミスがあったとしてもこれを正当化し、もしくは自分以外の何者かに帰責しようとする傾向にありますから、任意に訂正等をすることがなかなか期待できません。

そのため、交通事故に遭った際には、通院のしやすさを重視するのも当然ですが、これと同程度に、信頼できるか、親身になってくれるか、交通事故での受傷の治療経験は豊富か、評判はいいかなど、その医師の資質も十分に検討すべきでしょう。
近くに交通事故に遭って通院治療を行った経験のある方がいれば、その方から話を聞くのもいいでしょう。
また、ハズレの医師にあたってしまった場合は、できるだけ早期に転院を申し出るのもひとつです。

医師を選ぶ基準は人それぞれですが、

①被害者を否定せず、親身になって話を聞いてくれること
②痛みに応じた適切な処置(薬剤処方、整骨院の利用、リハビリ対応など)を行い、または認容してくれること。
③その医師が一貫して担当してくれること
④交通事故被害者の治療経験が豊富なこと
⑤保険会社にも毅然とした対応ができること
⑥性格が合うこと

一見当たり前のようですが、実際は住まいの関係もあり、優秀な医師に当たることができない場合も多いです。
そうした場合には、担当医の性格を早急に見極め、医師を味方につけることができれば、後々の問題発生を予防し、またはその対応も容易になる場合があります。

弁護士菊川一将のfacebook
弁護士菊川一将のTwitter

交通事故と後遺障害【連載記事】一覧へ

幻冬舎GOLD ONLINE 身近な法律トラブル

人気記事




ホームページはこちら

菊川 一将

菊川 一将

「弁護士法人アズバーズ」青梅事務所所長弁護士。 小・中・高校の10年間、バスケットボール一筋。2017年に弁護士法人アズバーズに入所。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. ソープランドって違法なの?合法なの??

  2. 未払奨学金の返還請求の方法【学校法務弁護士が解説】

  3. 【弁護士が離婚問題を解説!】家事をしないことは離婚原因になる?専業主婦(夫)と共働きで違いはある?モラハラへの対応策

TOP