債務整理と個人再生

すきすきウイスキーことアズバーズの弁護士の菊川です。
外出自粛中の皆様,ワンパンマン面白いですよ。漫画もアニメも,web版原作もすごくおすすめです。
比較的最近でいうとこういうのとかがネタになりましたね。
私の一推しキャラはぷりぷりプリズナーです。理由はすきすきウイスキーとの親和性が高いからです。明日になったらもう忘れてシルバーファングとフブキを推していると思います。

さて,自粛自粛と言っても,それでどうにかなるほど体力のある事業者ならともかく,そうでないところは自粛どころではないんじゃないかと思います。
とは言え,経営や営業活動を自粛しようがするまいが,昨今の経済情勢から見てどうにも立ち行かなくなることも,残念ながらあり得るところかと思います。

このように,にっちもさっちも行かなくなった場合,何もかもを諦めてしまうのではなく,債務整理という手段をとって,生活を再建するか,新たな生活を始めていくことを検討すべきです。

債務整理としては,任意整理や自己破産のような比較的有名なものの他に,再建型手続きとして,民事再生という手続きがあります。

破産手続きは,極めて乱雑かつざっくりというと,ほぼ全ての財産と引き換えに債務をチャラにする手続ですが,民事再生は,借金などの債務を概ね20%程度に減らし,これを3年間程度の計画の中でしっかりと返済していくという手続きです。その際,自宅をお持ちの方の場合は,基本的に自宅を失うことはありません。また,事業をしている方の場合は,事業を継続しつつ立て直していくことが可能になります。

概要だけを聞くと民事再生の方が破産よりいいじゃないかと思うかもしれませんが,手続きが煩雑で,要件が破産の場合より厳しい(きちんと返済できる現実的な計画が立たなければなりません)ほか,債権者の同意が得られないといけないなど,乗り越えるべきハードルは破産手続きより多くなっています。

それもあって,殆どの法律事務所では民事再生の弁護士費用は破産手続きより多額になる傾向にあります。
とは言え,マイホームを手放す決断は苦渋極まりないですし,事業を継続しつつ生活の立て直しが図れる民事再生制度は,人によっては極めて有用です。

当事務所では,任意整理や破産の件数のほうが多いですが,民事再生手続にも対応しております。
お困りの際にはアズバーズにご相談下さい。

 

前の記事「コロナと自粛とその保障」へ