離婚調停における弁護士費用の相場感

新宿・青梅・あきる野・三郷の法律事務所,弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

離婚調停を行うときに,弁護士費用がどれぐらいなのか,相場感を知りたいと思うでしょう。
離婚調停は通常期間が長く,また,両者の感情に配慮しながら進めていくため,弁護士業務の中でも特に負担が大きく,それゆえに初期費用は高めに設定されています。

この離婚調停の弁護士費用の相場感について,通常の場合とアズバーズの場合を比較しつつ解説していきます。

1 離婚調停の着手金

最初に受け取る着手金と報酬で成り立っています。

たまに,「初期費用0円でやってもらえないか?」という問い合わせを受けます。
私達の弁護士法人アズバーズでは,交通事故や不倫の損害賠償請求,残業代請求は初期費用0円で行う場合もありますが,離婚の場合は一切受け付けておりません。
これは,前で述べたように,離婚事件は,時間・精神的負担という面で負担が大きいからです。

これだけは,例外なく他の弁護士事務所もそうでしょう。

逆に,初期費用0円でやってくれるという事務所があったら,少し警戒した方がよいかもしれません。
その事務所の経営状態がまずくて0円でも事件を受けたい,第三者がかかわろうとしている,など,トラブルに巻き込まれる場合もありえます。

それでは,その相場はどれぐらいなのでしょうか。
弁護士法人アズバーズではだいたいの事件を着手金30万円以下でお受けしております。
婚姻費用分担請求(生活費の請求)も合わせてもこれぐらいです。

日弁連の旧報酬基準では20万円~50万円と記載されています。
のページを見てみると,だいたい40万円ぐらいの事務所が多い,と書いてありました。
50万円以上でないと受けないという事務所もあるようです。
比較的私達の事務所は安い方なのでしょう。慣れている事件だからこその価格設定のつもりです。

ただ,私達の事務所でも,面会交流(別居した側が子供との面会を要求していく場合)がある場合は,35万円~40万円ぐらいのときもあります。なかなか事件が進まないことが多いからです。

また,離婚のメインは財産分与であるので,財産分与額が大きい場合には,負担も大きく,40万円~50万円という場合もあります。

 

2 離婚調停の報酬金

弁護士法人アズバーズでは,着手金と同額が基本報酬となります。
財産分与を得る場合には,状況によって大きく争う部分が変わってくるので,事前にお客様と話し合って協議しています。

私達の事務所では,財産分与で得た金額全額をベースに報酬割合(通常16%)をかけた金額をかけるということはありません。一定程度受け取ることが決まっている金額があるからです。

このことからすると,そのような報酬を取り決めている事務所は報酬金が高い事務所であると言えるでしょう。

なお,裁判所に出廷する日当は,東京の場合通常5000円,東京隣県の場合は通常10,000円です。

 

3 最後に

全離婚の中で,離婚調停をすることになって弁護士を入れるのは,おそらく10%ぐらいでしょう。
費用がかさむので,あまり争う点が多くないのであれば,調停を自分で行ってみるのも一つの手です。

また,争う点がないが,直接話し合うのは敬遠したいということであれば,弁護士を頼むのも良いですし,少し費用が抑えめである行政書士を頼むのも一つの手です。
弁護士法人アズバーズにも協力行政書士がいます。

【人気記事】
【私文書偽造】嘘が書いてあっても処罰されない
前澤さんの「株式会社小さな一歩」設立【養育費回収事業】
調査嘱託による預金等の開示請求【離婚の財産隠しに対抗】
東京ミネルヴァ法律事務所の破産の気になる点3つ

 

弁護士法人アズバーズのホームページはこちら

弁護士 櫻井俊宏
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube
「わたしの弁護史」の櫻井俊宏の記事

 

前の記事「新・弁護士ラーメン(43)青梅の丸孫商店」へ