財産分与は離婚後でも可能!?【弁護士が解説する離婚問題】

新宿・青梅・あきる野の弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

離婚に伴う財産分与は,離婚後でも可能でしょうか。

答えは可能です。

以下,考慮する点についてお伝えします。

財産分与全般の話はこちら

 

1 離婚後の財産分与

前述のように,離婚後の財産分与は可能です。

離婚する場合に,もう戸籍が同じであるのもお互いに嫌だということであれば,とりあえず,離婚届を役所に出してしまい,種々の手続は後でということでも問題はないということになります。

 

2 いつまでできるか

離婚後2年が経過すると,財産分与の請求権が消えてしまうので,その前にする必要があります(「除斥期間」といいます。民法768条2項)。

後述の調停又は審判申立を2年以内にすれば問題なく,その手続内で結論が出ることになります。

 

3 どのような手続によるのか

もちろん,別れた2人での話し合いでできるようであれば,それに越したことはありません。

しかし,条件をいろいろ一緒に考えることもなく,「まず離婚したい」ということであれば,その関係はこじれている場合が多く,ただでさえ難解な財産分与の話はなかなかまとまらないでしょう。

その場合は,家庭裁判所の調停という手続又は審判という手続を行うことになります。

調停とは,一般の方から選任された2人の調停委員を通して,当事者双方から入れ替わりで話を聴き取り,両者の意見が一致することを目指す手続です。
だいたい1回の期日で30分を2回ずつぐらい,2時間で終わります。
1ヶ月半ぐらいごとに行われます。

調停前置主義といって,審判より先に調停を行うのが原則です。
できるだけ話し合いで解決するためです。
離婚調停において気をつけること

審判とは裁判類似の手続で,両者が証拠等を出し合い,裁判所の判断で判決のように「審判」という結論を出してもらうことができます。

 

4 離婚後に財産分与をすることのメリット・デメリットは?

離婚後に財産分与をすることのメリットは,先程も述べたように,早く離婚ができるということが挙げられます。

また,財産分与で相手方が徹底的に争ってきそうな場合には,先に離婚をしてしまった方が,離婚を引き伸ばされるということを交渉材料に使われずにすみます。

離婚後に財産分与をすることのデメリットは,相手方から財産分与を受け取る側である場合に,財産を使われてしまう恐れがあることです。
とれるときにとっておくというのは,法律問題の鉄則とも言えます。

弁護士法人アズバーズのホームページはこちら

 

弁護士 櫻井俊宏
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter
櫻井俊宏のラーメンinstagram
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube

 

前の記事「遺産分割協議書の書き方」へ