新型コロナに伴う採用内定取消し

今のところ花粉と小麦以外にはやられておりません,アズバーズの弁護士の菊川です。

コロナ怖いですねぇ。高齢者や基礎疾患持ちの方以外はあまり重症化しないとはいえ,普通の風邪より強烈な症状が出るのはそのとおりでしょうから,年齢や健康状態問わず感染防止のために意識すべきかなと思います。

さて,昨今,コロナを原因とした内定取消しが問題となっています。
どのように原因となっているのかは企業毎に異なってくるでしょうが,一番多そうなのは,コロナによって経営規模を縮小せざるをえなくなって,売上が落ちてしまう(落ちてしまった)等のように,経営悪化を理由とするものではないでしょうか。

まず,法律上,内定取り消しは原則として許されていません。

個別事例にもよりますが,内定通知は,法律上,求人募集という企業側の「申込み」に対し,被採用者側が行う「申込みに対する承諾」に当たると解されることが多いです。
ただし,内定から実働までは通常時間がかかることから,その間に内定取消事由が生じた場合には内定を取消すことにするという,「解約権留保付きの労働契約」が成立したものと見るべきでしょう。

逆に言うと,内定取消事由が生じない限りは,原則としてその他の理由に基づいた内定取消はできないということになります。

そして,内定取消事由はなんでもいいわけではありません。「採用内定の取消事由は,採用内定当時これを知ることができず,また知ることが期待できないような事実であって,これを理由として採用内定を取り消すことが解約権留保の趣旨,目的に照らして客観的に合理的と認められ,社会通念上相当として是認することができるものに限られ」ます。
難しそうなこと言ってますが,要するに,誰から見てもそりゃ仕方ないよねといえる事情がないと内定取消は許されないということです。

経営悪化の場合には,悪化してるんだから仕方ないという方もいるかも知れませんが,その悪化が例えば社長が勝手に行っていた株式運用の失敗に端を発するものであったらどうでしょうか?この場合には,社長に対して責任追及をすることで経営悪化を回復させるのが筋であって,内定を取消すことは二の次であるべきですよね。

このくらいならわかりやすいですが,それではコロナの影響により経営が悪化した(もしくは見込まれる)ような場合はどうでしょうか?

これも原則論としては認められづらいものではあると思われますが,コトが日本全国規模の話で死者も伴うものであること,一般論として中小規模の事業は大打撃を受けているのは事実として観測されています。
このような,いわば社会事情が変動しているような状況でありながら,杓子定規に上記の判例を当てはめて「今回の場合も内定取消は許されない」と確定的に言うことは,実務法曹としては少し躊躇を覚えるところです。

「コロナを原因とする内定取消は許されるのか」について,確実な答えを出すのは未だ難しいですが,アズバーズは,内定を取り消されて困っている客様についても,内定を取消さざるを得ず困っているお客様からも,いずれからもご相談をお受けしております。お困りの際には050-5368-8119にお電話いただくか,メールフォームにてお問い合わせください。