交通事故事件(8)道路交通法の改正 スマホ等のながら運転を規制

交通事故事件を多数取り扱っている弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏です。

本日12月1日から,スマホ等のながら運転について,道交法の改正がされました。
下記条文です。

(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

いろいろ気になる部分があります。
1 前段は,携帯電話等の「通話」についてのようです。

「自動車電話用装置」とあるので,手がふさがらない自動車と連動している電話もダメということなのかなと一瞬思いましたが,「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれもできないものに限る。」とあるので,これはどうやら大丈夫そうです。

2 後段が,特に規制が広く強くなったところで,「画像表示用装置」に表示された画像を注視しないこと,という部分が重要です。
スマホの画像はもちろん,カーナビを注視することもダメとなります。

罰則も解釈するともっと複雑なのですが,簡単に言うと,手で持っているものを注視する方が重いようです。

また,これをそのまま解釈すると,紙の本は良いということになりそうです。あまりありえないからでしょうか。

何だか違和感あります。

まだ運用上わからない部分もありますが,とりあえず,運転中にスマホやカーナビの画像を見ることはいずれにしろ違反となることになるので,注意しなくてはいけませんね。