交通事故事件(11) 交通事故で弁護士を入れると精神的負担が軽減

これまでに540件以上の交通事故事件を解決しており,交通事故事件を主たる事件として扱っている弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏です。

交通事故に遭って怪我をされた皆様は,後遺症等の身体の痛み,事故時の精神的なダメージ等で,精神的にまいっているのが通常です。

しかし,相手方の保険会社は,商売であるので,相手方である被害者にあまり寄り添った対応はできません。
例えば,被害者の方が,
「本当に痛いんですよ。わかるでしょ?」
と言うのに対して,保険会社が,
「はい、重々承知しています。」
などというと、重い責任を認めた発言になりかねないからです。

 

そこで,保険会社もどうしてもそっけない対応にならざるを得ない面があり,保険会社の対応が許せない,と言って相談にいらっしゃる方がよくいます。
弁護士をつけて,弁護士が保険会社に受任通知というものを発送すれば,保険会社は被害者本人に直接連絡することができなくなるので,被害者の方は精神的負担を軽減することができます。

 

このことから,交通事故に遭って怪我をした場合は,弁護士に依頼した方が良いわけです。

 

 

交通事故で怪我をした場合には,540件以上の実績,新宿・青梅の弁護士法人アズバーズに気軽にご連絡をください。

電話問い合わせは無料,初期費用0円プランも用意しております。
弁護士法人アズバーズ

 

 

 

前の記事「ベリーベスト法律事務所の懲戒について」へ