交通事故と後遺障害 【序・4】事故後はどうすればいい?

【本稿の趣旨】
・治療は医師の指示に従うことを重視しつつ,痛みや症状はきちんと伝えること。
・治療内容や医師そのものに違和感があれば,早期の転院を検討すること。
・整骨院の利用は弁護士・医師と相談の上行うようにしましょう。

交通事故に遭ったあと,いちばん大事なのは「医師の指示に従って治療を継続すること」です。
治療の必要性やその内容は,専門家である医師以外には判断できるものではありませんので,その指示・助言を重視してください。
また,傷害の程度にもよりますが,あまり重篤ではないもの(むち打ち症や捻挫等)の場合は,可能であれば診察する医師が毎回変わる大規模な病院ではなく,個人や小規模でやってらっしゃるような病院を選ぶ方がいいと考えます。

医師も他人ですから,被害者の痛みや症状は被害者の口から語られないと適切な助言が受けられないこともあります。
そのため,痛みについてはきちんとありのままを説明するようにしてください。
場合によっては,被害者の方から整骨院を利用したい旨や,治療方法についての提案をすることも検討すべきです。

なお,医師の許可や勧めなく整骨院を利用した場合,その治療費は事故との因果関係が否定され,治療費などの支払いが渋られる可能性があります。整骨院の利用にあたっては,念の為,医師の助言を得て行うべきです。
また,あまりに頻度が多い場合,裁判でもその施術費全額が認められないことがありますので,そこは注意が必要となります。

医師によってはあまり熱心に治療してくれなかったり,話を聞いてくれなかったりすることがあります。
このような医師は,往々にして保険会社から早期の治療中断の申し入れがあったような場合に,漫然とその要請に応じた書類を作成してしまう等し,後々の支払いに問題が生じるケースがあります。
このような場合,難しい判断ですが,事故後できるだけ早期に転院し,別の医師にかかることをおすすめします。
事故から数ヶ月経ってからの転院となると,それまでの経過をよく知ると判断される,あまり熱心ではない前の医師の診断や書類が重視される可能性がありますので,後々の判断に大きな影響を与える場合があります。

弁護士法人アズバーズのホームページはこちら

次の記事「後遺障害と交通事故【序・5】」へ

前の記事「後遺障害と交通事故【序・3】」へ

代表弁護士櫻井俊宏が交通事故事件について解説しております。