不倫事件における裁判で問題になること【弁護士が解説する不貞問題】

新宿・青梅・三郷の法律事務所弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

この記事では,不貞(不倫)事件において,不倫をした相手がとの損害賠償請求の交渉が決裂し,裁判になった場合,特に問題になる,

  • 加害者が否認をした場合
  • ダブル不倫の場合
  • 賠償額に争いがある場合

を中心に解説します。

 

1 加害者が否認をした場合

これが典型的に不倫事件で裁判になる場合でしょう。
裁判上で,不倫といえる行為があったかどうか争いになります。

当然,訴えた方は証拠で立証しなくてはなりません。
探偵の報告書でラブホテルに行っていることが立証されるような場合は,性交渉があったと推定されます。
不倫慰謝料と探偵費用
逆に言うと,
「ラブホテルまで行ったが,性交渉はしなかった。」
という否認をする人がいますが,ほとんどその主張は通用しません。

このような事案で,
「新しく作るオフィスの内装の参考にしたいから,従業員の女性とラブホテルに2,3回行った。」
というくだらない主張をしてきた相手方がいました。
この事案では,ラブホテルのポイントカード(スタンプを押すタイプではなく,カードの中にデータがあるタイプ)をおさえていたので,調査嘱託という裁判上の手続により,2,3回でなく,何十回と行っていたことを明るみにすることができました。
調査嘱託・送付嘱託による開示請求

家に相手を入れたが,その相手が日中に帰ったという場合は微妙です。
他にも証拠が必要でしょう。

また,加害者側が不倫を認めた書面を書いた場合も,不倫の事実が立証できる場合が多いです。
しかし,後の裁判等で,
「『不倫』という意味を知らなかった,性交渉まではしていない。」
という主張が通ることもあるので,「○○と肉体関係を結んだことについて謝罪する。」などというように,きっちりと性交渉までしていることを認める内容の書面を書かせた方が良いでしょう。
不倫の証拠を集める際の気をつけるポイント3つ

2 ダブル不倫の場合

ダブル不倫の場合は,そもそも裁判となるとその加害者の配偶者にバレるということを考慮する必要があります。
裁判所に訴えを起こすと,その家に訴状が届き,受け取った者に訴えられたことがバレるからです。
具体的には,夫が,結婚している女と不倫をしたとき,その不倫相手の女の夫から裁判をされ,自分の妻が家でその訴状を受け取ってしまう可能性があるということです。

ダブル不倫で裁判にまでなると,4当事者の思惑が複雑に絡み合い,泥沼になってしまうので,かえってそれぐらいの仕打ちをしたいという場合以外は,なるべく裁判をすることは回避した方が良いように思います。
加害者側は,ちょっと相場より多くの賠償を支払っても,穏便に解決するべきです。

あと,ダブル不倫の場合,夫Aが相手の夫Xに先に交渉で300万円の賠償を支払ったからといって,妻Bが相手の妻Yに裁判において300万円を支払ってもらえるという判決をもらえるかというと,そうはなりません。
必ず相場通りに落ち着きます。
なので,ダブル不倫の場合,先に誤って高額の賠償をしてしまわないことには注意が必要です。

ダブル不倫の対処方法

3 賠償額に争いがある場合

通常の場合で裁判になるのは,金額で折り合いがつかないときでしょう。
確かに,
「私は,こんなにパニックになってしまっている,だから1000万円が妥当だ。」
というような方はいます。

しかし,残念ながら不倫事件の場合,裁判所は,
結婚期間,
性交渉の頻度,
離婚になりそうかどうか,
等の要素以外は,いくら主張してもほとんど考慮しません。
判決内容を見ると,見ていないんじゃないかとすら思うこともあります。
不倫の裁判における基礎知識

また,判決内容に不満があって,控訴しても,実務上,ほとんど賠償額が変わることはないようです。

すなわち,不倫事件では,弁護士が不倫事件に慣れていなくて,相場感がわかっていないようなことがない限り,ある程度のところでおさめるのが良いと考えられます。
裁判では事実について徹底的に戦うことになるので,時間・精神・弁護士費用をいたずらに奪われることになります。
不倫事件の賠償額の相場感について詳しくはこちら

(2021.1.6更新)

幻冬舎ゴールドオンライン 弁護士櫻井俊宏の身近な法律トラブル防止に関する連載 全13回