不倫の損害賠償で過大請求は弁護士費用がかさむ!?【弁護士が解説】

新宿・青梅・あきる野・三郷の法律事務所弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

不倫の損害賠償請求で,怒りに任せて「1000万円」とか「1500万円」とか過大請求をしてくる場合をよく見かけます。
これは,本人にとっても,経済的に,精神的に,時間的に,いろいろと損であることを解説します。
【参考】不倫の裁判における手続と基礎知識

 

1 損害賠償額はあまり変わらない

不倫の損害賠償請求は,不倫というものに対するその時々の世の中の意識を反映して,賠償額の相場がだいたい裁判所によって決められています。

不倫をされても離婚をしない場合には,それほど精神的損害がないということで100万円以下ぐらい。
不倫をされて別居をすることになってしまったら,わりとひどい不倫ということで,150万円ぐらい。
不倫をされて離婚にまで至った場合には,精神的損害が大きい不倫として200万円ぐらい。

この他,不倫の頻度,結婚期間の長さ等によって変わってきますが,この部分は誤差として,少し影響を与えるに過ぎません。
不倫の賠償額について詳しくはこちら

 

2 弁護士費用がかさむ

このように,不倫の賠償請求においては,状況に応じて,ある程度相場感が決まっています。

それにも関わらず,大きな金額を請求するということは,弁護士費用がかさむだけという結果を招くことがあります。
なぜなら,弁護士事務所によっては,請求額がいくらかによって,着手金額が決まる事務所があるからです。
通常は,300万円の請求までは請求額の8%が着手金,
それ以上の場合は5%+9万円が着手金,
というのが,日本弁護士連合会の旧報酬基準に従った金額です。

なお,私達の弁護士法人アズバーズの場合には,交渉の着手金について10万円を超えることはほとんどありません。
また,着手金0円プランも用意しております。
不貞事件における弁護士への依頼方法

ただ,弁護士費用は同じだとしても,請求額が大きくなれば,裁判所におさめる印紙額はどうしても大きくなります。

 

3 時間がかかる

もちろん過大な請求をたてた方が,お互いの意見をすりよせる長い時間も必要なので,必然的に時間がかかります。
不倫の事件で,裁判でとことん争った場合,1年近くはかかると思った方が良いでしょう。

4 精神的にも負担が大きい

不倫の事件では,裁判等で争いになった場合,例えば,

「既に夫婦関係は破壊されていた状態なので,被害者の精神的損害は少ない。」
「不倫相手は結婚していないと聞いていた。」
「ラブホテルには一緒にいったが,性交渉はしていない。」

などと,賠償請求された側は,できるだけ賠償額を少なくするために,状況,証拠等からすればおかしなあらゆる主張をしてきます。

このような見え透いた主張というものは,請求する側からすると,
「なんで加害者なのにこんなふざけた主張をするんだ!!」
と,結構精神にきます。

このような人に危害を加える側の人間と,敵対関係としてであっても関わりを長い間持つと,こちらの気の流れまで悪くなってしまいそうです。

5 まとめ

以上のことから,不倫の損害賠償では,慣れている弁護士の意見であれば,裁判にしてもほとんど違いは生まれないことがわかります。
そして,ここまで述べてきたような大量のデメリットがあるので,不倫の紛争はできるだけ早く終わらせた方が良いでしょう。

「あなたはひどい被害を受けています。1000万円請求しましょう。着手金は50万円です。」等と言ってくる弁護士は,「事を大きくしてお金をもらおうとしているのではないか。」と疑いの余地を持って,接しましょう。

弁護士法人アズバーズのホームページはこちら

 

弁護士 櫻井俊宏
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter
櫻井俊宏のラーメンinstagram
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube

 

前の記事「三郷のつけめん「郷」」へ