きくさんぽ 第六章~阿佐ヶ谷駅編

ラーメンは1日3食まで,週15食までは許される主義の弁護士の菊川です。最近ニンテンドースイッチを予約注文することに成功して喜色にあふれております。

弁護士のブログらしく法律に関するコラムとか書いたほうがいいのかなぁとか思いつつ,他の事務所がやってることを猿真似してもという思いの下,今日も今日とて美食記事を執筆しております。

今回はいつもと趣を変えて,中央・総武線は阿佐ヶ谷駅の「博多鉄鍋餃子 なかよし」さんに行ってまいりました。(https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13000676/)

阿佐ヶ谷駅前のアーケードをしばらく歩き,青梅街道にでたところを少し左手に行くと存在感を放っております。

餃子といえばビール,ビールといえば餃子ということで,まずはビールをキメます。仕事終わりのビールってどうして美味しいんでしょう。不思議。

次いでおつまみとしてポテトサラダ,宮崎産炭火焼鳥,おきゅうと(博多民のソウルフードらしいです。詳細はこちら)を。そうこうしているうちに参りました。

こちらが鉄鍋餃子です。なかよしさんの餃子はこれ一種類!余計な装飾やトッピングはなく,シンプルな焼き餃子だけで戦うあたり,粋を感じます。

そしてこれがまたウマいのです・・肉と野菜のバランスがよいためか,全くクドくなく,いくらでも食べられそうでした。箸が止まらぬ・・。焼き方も完璧で,皮が最高にパリッと。この日は4人で4人前,キッチリ食べてしまいました。

さらに,初めて見た焼酎がこちら。

茜霧島です。霧島酒造の商品で,焼酎を飲んでいるとは思えないくらいのフルーティーな味わいが特徴です。餃子との相性?言うまでもなく最高ですね!ちなみに菊川は焼酎はロック派で,氷と焼酎を限界までグラスにぶち込む鹿児島式の飲み方を致します。オススメですよ。

美味しい餃子に美味しいお酒,大満足でさあ解散してまた明日!

とは参りません。紳士たるもの,〆のラーメンをキメずに帰ることは不義理ですらあります。

そういうところで,なかよしさんから10分弱歩いたところのこちらへ。

CiQuE(チキュウ)さんです。阿佐ヶ谷駅近辺でも有数のラーメン屋さんです。塩と醤油二種類あり,菊川は醤油をチョイス。塩もシェアして少し頂きました。いい雰囲気のお店で,バーかな?と思いました。

醤油の方は,魚介豚骨ベースで,優しい味です。優しいと言っても薄いのでは決してなく,魚介,豚骨,醤油と出汁の野菜がそれぞれを高め合い,いずれにも尖った主張をさせず,味の調和を醸し出しているといった優しさです。飲んだ後に食べても食べやすいラーメンでしたが,舌がバカになっていないシラフの状態でも是非堪能したいお味でいらっしゃいました。今日の昼はパンチ系の豚骨魚介つけ麺をキメたので,昼と夜のギャップで楽しめました。

阿佐ヶ谷駅,駅前が栄えており,アーケードも立派,ラーメンも餃子も極めて優秀。新宿駅まで総武線,中央線を使って電車で一本,吉祥寺駅や中野駅にもほど近いと,至れり尽くせりワールドですね。開拓のしがいがあります。

モンハン歴2~4000時間程度,モンスターハンターワールドの発売を心待ちにしている弁護士の菊川でした。