あきる野に進撃?(2) あきる野市五日市で薪を割った日

あきる野市在住の弁護士の石井政成です。

1 薪割りの依頼と受任

 

先日,妻の実家で暇そうにしていたら,薪を割ってほしいという依頼を妻のお父様から受けました。

生まれたからには誰しも一生のうちに一度は夢をみるという

「薪割り」

それに挑戦できる日が来た,ということであります。

妻の実家では薪ストーブを主な暖房として使用するので,薪が冬場には結構な必需品となります。

しかし,やはりお父様だけでは大変なようです。

 

ここで,薪割りの効能を述べておきます。

① 全身の筋トレになる

② テストステロンがかなり上がる

③ けっこう楽しい

④ はじめの一歩の気分を味わえる

⑤ インスタのストーリーのネタに使える

といった,素晴らしい効能があります。

(テストステロンは,男性ホルモンの一種で,活力の素になるといわれています。女性にもいいものであるといわれています。)

 

特に,テストステロンは,ネット記事によると薪割りを1時間行えば50%も上がるそうです。

どの時点と比べて50%上昇なのかは不明ですが,とりあえず上がるらしいです。

テストステロンが出るとモテやすくなるらしいので,薪を割れば,妻は僕に対して惚れ直すはずです。

 

これらを踏まえて私は,

「薪割りですか──?3分で全部割ってあげますよ───。」

と自信満々に受任しました。

 

2 薪を割り始める

 

本件で割るべき材木

(写真手前は,薪割りに用いる材木です。奥に積まれているのは,材木を割った後のものです。)

 

私は家の裏に行き,薪を切り始めました。

しかし,3分経ってもきちんと切れません。

斧がいけないんじゃないか?と思っていたら,お父様が見本を見せると言ってスパスパ切っていました。

お父様は怪力に違いない────。

 

 

ある程度慣れてきたら,それなりに切れるようになってきました。

 

 

しかし,そのころには,脊柱起立筋を中心とした全身の筋肉に気怠さが生じています。

1時間薪割りすればいいとネットニュースに書いてあったけど,1時間も無理なんじゃないか?という気がします。

 

薪割りをしている途中に,妻も薪割りに参加したり,妻の甥や姪も参加したりしました。

交流により,より親交を深めることができたので,薪割りは交流の場として素晴らしい機能を持っていると思います。

 

3 総括

調べてみたら,バーベキュー場や釣り場,ログハウスの宿泊施設といった施設が,あきる野市にはいくつかあるみたいですね。調べると色々あるみたいですね。

楽しもうと思えば十分に楽しめる場所であった──

けど,薪割り体験は見つかりませんでした。やはり,危険だからですかね──。

そのうち,テストステロンを爆上げするためにも,薪割り体験もできる,総合自然体験施設みたいなものを作りたいと思うのでした。

石井政成弁護士の「ハンター×ハンター」に関する考察記事はこちら

 

弁護士 石井政成

前の記事「あきる野に進撃(1)」へ