【菊川の教養雑学シリーズ】ミネルヴァって何ですか~ローマ神話

破産した弁護士法人として有名となってしまった弁護士法人ミネルヴァ法律事務所。

「あまり強い言葉を使うなよ 弱く見えるぞ」とは非常に有名なセリフですが・・
現在「ミネルヴァ」でググると同法人破産の件ばっかヒットします。元ネタとなったミネルヴァとしては不本意かつ不名誉な事態でしょうね・・。

このミネルヴァですが,ローマ神話の女神の一柱で,ギリシア神話で言うところのアテナと同視されます。
アテナの名前は「聖闘士星矢」で聞き覚えのある方が多いでしょう(?)。
これを知らずとも,近代オリンピックが最初に開催されたアテネの由来となった神ですから,聞き覚えのある方はやはり多いのではないでしょうか。

ミネルヴァは,日本でも会社や事業,建築物等の名前によく使われていますが,知恵や工芸を司る女神です。

弁護士事務所の名前としてふさわしいですね。神の名を冠した存在が最終的に失敗するという点もウィットが利いていてなかなかですね。

ローマ神話は,ギリシア神話や北欧神話と比べてあまり聞き覚えがない神話かもしれませんが,惑星の名前の由来となった神々(マルス(Mars),メルクリウス(Mercurius,転じてMercury)ユピテル(Jupiter)等)が属する神話です。

このローマ神話ですが,近い時代に発展していたギリシャ地方のギリシア神話と融合しつつ発展を遂げていったもののようです。
完全に同視できるものではありませんが,ゼウスを主神とするギリシア神話におけるオリンポス十二神に相当する十二柱の神々が存在します。先程の惑星の由来となった神々が主ですが,ギリシア神話から直輸入されたというアポロンなどもおります。アポロ計画の由来となったアポロですね。

ギリシア神話や北欧神話では,それぞれの髪が登場する逸話や物語があるのですが,ローマ神話はそのあたりが薄いようで,その活躍がわかるものをみたことがありません。一応オウィディウスの「変身物語」などにローマ神話の神々が登場するようですが,神話そのものとは言いにくいですし(なお菊川は読んだことありません)。

名前をつけるときは,名前負けしないよう,その名に恥じぬように行動することが肝要ですね。

我々アズバーズでは,その名の通り,鳥のように機動的・縦横無尽に行動し,鋭い目で問題点を把握し,依頼者の方々を様々な重荷から開放し,鳥のように自由に羽ばたいていけるようにすることをモットーに行動しております。

アズバーズは名前負けしないように今後とも邁進してまいります。お困りの際には遠慮なくご連絡ください。