「強制執行」「差押え」って何??

不払いは絶対に許せない弁護士の菊川です。

養育費について調停で定められたのに支払わない、裁判で請負代金を全額支払えという判決が出たのに支払わない……金銭債務の不履行(お金を払わなければならないという義務を守らず、支払わないこと)は枚挙に暇がありません。

裁判は、対立する当事者が話し合いで問題を解決出来ない場合の最終手段です。そこで判決を求め、白か黒かハッキリさせることになります。

ここで、一般的に誤解されがちなのが、勝訴したからといって相手方が絶対にお金を支払うとは限らない、というところです。

判決その他正当な書面(債務名義と言います)があるにも関わらず相手方が支払わない場合、強制的に取立てるために裁判所に助けを求める必要があります。判決が出ているのにおかしな話だと思いますが、勝手な取立てを許すとそれはそれで問題がおきますから……。

このとき、相手方の財産から強制的にお金を取立てたり、義務を履行させることを「強制執行」といい、その典型例が「差押え」です。
そういえば半沢直樹第一期でも西大阪スチールの社長が隠し持っていた海外の不動産の差押えに関するシーンがありましたね。

差押えとは、相手方(債務者)の財産(預貯金や不動産等)や給与債権(給料)その他の権利に対する自由を奪い、その財産・権利等から必要な分を取立て、もって債務を履行させることをいいます。要するにきちんとしない相手の財産を強制的にはぎとる制度ですね、結構語弊がありますが。

ただ、強制執行のためにはこちら側から相手の財産を調査する必要がありますし、必要な書類もなかなかに複雑ですから、必ずしも簡単な手続きではありません。

強制執行を検討する場合には、取り敢えず弁護士に相談だけでもしておくのが無難かと思います。