暑い夏~熱中症対策を

うだるような暑さ。
体温を超越する気温。
とろけるほどの獄暑感。
地獄の釜の開放が如き熱。
39度なんて狂気の沙汰です。

熱中症に気をつけましょう,弁護士の菊川一将です。

家の中にいてもエアコンの効きが悪く,室温計が30度を超えた表示をしていることなんてざらにありますので・・・
室内での熱中症が相当多いようですから,エアコンをつけるなり,きちんと対策をしましょう。
お年寄りなどは,気温の変化に気づきにくいようで,気づいたら熱中症で倒れていることもあるそうです。
高齢者と同居されている方は,注意して差し上げるのがいいかもしれません。

さて,弁護士は,業務に関係して意外と外に出ていることが多いので,熱中症対策は非常に重要になるのです。
裁判期日への出頭はもちろん,弁護士会での諸手続きや,相手方弁護士との打合せ,現場検証,刑事事件被疑者との接見,出張相談等など・・・
そうでなくとも美味しいものを求めて歩き回ることもあります。

先日開設した青梅事務所ですが,青梅市は内陸的な性質があるので,都心と比べて質の違う暑さになっている印象です。さらに気をつけないといけませんね・・・。

真夏の発汗では,水分はもとより,体内のミネラル成分も失われていくので,体液の濃度が薄くなります。
そのため,水分を取るのは当然のこと,ミネラル摂取にも気を遣わないといけないわけです。
スポーツドリンクがいいとよく言われますが,これをがぶ飲みしていると糖分のとりすぎにもなりえますので,ある程度薄めるのがいいかもしれないですね。

喉が渇きはじめたら既に注意信号とも言われますので,外で作業をすることが多い方は,喉が渇いていなくても定期的に水分を摂るようにしましょう。
部活動などでスポーツをやっているご子息がいらっしゃる場合は,部活動などの責任者に,水分をきちんと摂らせるよう念を押したほうがいいかもしれないですね(昔ながらの論法で,水分を摂ることを悪と断ずる指導者も少数ながらいるようですので・・・)。

夏本番となってまいりますが,体に気を付けてまいりましょう。