噂のほったらかし温泉 in山梨市

温泉大好き弁護士の櫻井俊宏です。
休みのたびに,花小金井の「お風呂の王様」,国立の「湯楽の里」,小平の「テルメ小川」等,様々な近所の温泉に行っています。

 

今回は,そういった近所の温泉と違う本格派,山梨県の「ほったらかし温泉」に車で行ってきました。

東京近郊日帰り温泉ナンバー1と噂高い温泉です。

 

葡萄で有名な勝沼のインターを降りて15分程度,山の上にありました。

雨が降っていたのですが,日頃の行いがまずまずなのでしょうか,ちょうど到着するころにやんでいました。

おかげさまで,名物の富士山は見えなかったものの,眺望は素晴らしかったです。

視界が広い「あっちの湯」と,渋味のある景観の「こっちの湯」があります。

あっちの湯に入ってみました。

ほったらかし温泉とはよく言ったもの,自然をそのままうまく使った造りで,いわゆる野趣味あふれる温泉ですね。自由に広々入れます。

稜線の景色を見ながらの入浴は最高ですね!

出た後,軽食スタンド「桃太郎」で,ざるソバと温玉揚げを食べました。特に温玉揚げはめちゃウマです!

早朝から行く場合には,日の出が見れる上,「きまぐれ屋」での玉子かけご飯セットが名物だそうです。

日の出1時間前からオープン。次は早朝から行きます!